WORKS一覧へ

手にたくす、糸へたくす

呉夏枝

DESIGN MUSEUM

日本とオーストラリアを活動拠点に、記憶の再構築、記憶の継承の可能性を探求する
アーティスト・呉夏枝(お・はぢ)の国内初となる美術館個展の広報物と展覧会カタログを作成。
糸を織る、編む、結ぶといった手芸の技法を人類の営みとしてとらえ、呉のこれまでの活動を包括的に紹介。
カタログの表紙全面にエンボス加工を施すことで、織物や糸の質感を表現した。

編集 中尾英恵
執筆 呉夏枝、柿木伸之、中尾英恵
発行 小山市立車屋美術館
発行年 2019年
デザイン 藤本敏行(ライブアートブックス)
判型 w145mm × h210mm
ページ数 80p

Share

  • facebook
  • twitter